【下肢静脈瘤について】

 動脈により運ばれてきた下肢の血液は、静脈を通って重力に逆って心臓に帰らなければなりません。そのため血液が逆流しないように静脈には弁があり逆流を防止しています。
 下肢静脈瘤とは、静脈弁が壊れ下肢に血液がうっ滞するため、下肢の静脈が拡張したり蛇行したものを言います。初期はほとんど無症状ですが、徐々に脚が疲れやすくなったり、むくみや痛み、脚がつるなどの症状がでてきます。重症になると静脈炎をおこして赤く腫れて痛んだり、皮膚炎をおこして潰瘍を作ったり、色素沈着をおこしたりします。
 静脈瘤は、長時間の立ち仕事に従事する人や、出産経験のある中年の女性に多く見られます。妊娠中に大きくなった子宮により静脈が圧迫され下肢に血液がうっ滞するためです。予防としては弾力ストッキングを着用し静脈のうっ血を防止する事が大事です。
 治療法としては、以前は静脈瘤を引き抜くストリッピング手術や、小さな皮膚切開を数多く置いて静脈瘤を切除する手術が行われていましたが、最近では外来で施行できる硬化療法が軽症例や中等度の症例に行われています。
 硬化療法とは、静脈瘤に細い注射針を数本刺し硬化剤を注入後包帯にて圧迫し静脈瘤をゆ着、硬化させる方法です。場合によっては小切開を加えて静脈を結紮する事もあります。傷跡が少なく美容的にも優れていますが、再発する事もあり、重症例では今でも手術療法が優先されています。
 静脈瘤が気になる人はかかりつけ医に相談されてみてはは如何でしようか。きっと良いアドバイスがいただけることと思います。